読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛についてまた本気で考えてみた

 

彼氏に

「『愛』ってね、『慈しみ、可愛がるって意味なんだって! だから、私はS(彼氏)を愛してるって言えるよ!」

と言ったところ、

「…俺、『慈しむ』の意味をぼんやりしか知らないから、正確な意味教えて」

「え!? 私もぼんやりしかわかんない」

調べた。

「…目下の者や弱いものを可愛がり、愛情を注ぐこと」(参考:goo辞書)

「…また愛が出てきたね」

「でもSは目下じゃないし、Sにとっても私は目下じゃないよね?」

「そうだねぇ…」

「愛って結局何なんだろ?」

「『可愛がり、愛情を注いで可愛がる』ってことじゃね?」

『目下のもの』ってワードをスルーしやがった…まあいいや)

「じゃあ可愛がればいいんだ!」

「そうだね」

「S、愛してる!」

「俺も愛してる!」

 

とお互いの頭をなでなでするだけの時間が始まりました。

超全力で可愛がりました。ちょっと疲れた。

 

 

未だに『愛情』の意味がはっきりしないのはもういいや。

 

 

つまりは巷に溢れる音楽で

愛してる愛してる連呼してる奴は、相手を格下に見ているという事で。

 

私が愛の意味を気にし始めたのは、音楽がそもそもの発端でして

バイト先の有線で「♪愛してる、愛してる、フォーエヴァー」などという巫山戯た歌詞の音楽が流れていて、よくもまあ愛という単語をみんな簡単に口に出せるな、と私も彼氏も常々思っていたのです。

なのでその曲を切っ欠けに調べてみた次第です。

 

対等な関係の時は何て言えば良いんだろう。

 

そんな新たな疑問を胸に抱きつつ、また明日。