読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

……

 

今日はバイトでした。

 

特に何もなく、1日が終わるはずでした。

が。

 

バイト終わり、煙草を喫っていると母から電話。

「バイト終わったー? 今どこ?」

こんな時間に母が電話をかけてくるはずがない。

「今交差点のとこー。あと3分くらい」

と言って切りました。因みにバイト先から家まで、普通に歩いて徒歩3分w

これは…と思って彼氏のシフトを確認。明日休みか。そして私は夕方6時から。

これはほぼ確実に来てるな、と思い、逸る気持ちをちょっと抑えきれず、走ってしまいましたw

家に着くと、彼氏の靴が無い。しかし隠している可能性も十分にある

取り敢えず普通にただいまーと入る。普段ならバッグもそのまま、服もそのままで夕飯を食べる。が、しきりに着替えておいでと言う母

確定である。

こういう場合、驚かされるのが定番なので、覚悟しながら自分の部屋に入る。

彼氏「うわああああーーwwww」

ほらね!

 

という訳で、彼氏含めて、みんなで夕飯を食べました。まる。

 

母「しなもちゃん走って帰ってきてたねwww」

私「wwww 見てたの?wwww」

彼氏「みんなでしなもが帰ってくるの見てた」

おまえら何してるんですか…。

 

 

今日は彼氏がお泊りなのでこのへんで。

 

ではまた、明日。