読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『一般人』にとってのandroidとは

 

私はゲームやネット以外にもandroid第二のガラケーとして有効活用している。

ガラケー時代にも、ネットの無料サービスやら元々のツールやらを活用して楽しんではいたのだが、このご時世である。大半がサービス終了しているようなので、androidに乗り換えて正解と言えよう。

因みにファイルシークやイメピタ、カラメなどに随分とお世話になった。

 

さて、先日から私は、『一般人』のandroidに対する認識が私とかなり違う事に驚いている。例を挙げよう。

 

T君「しなもさん、毎月の通信量、ジーいってます?」

私「(ジー…?)…えっと。今確認したら700メガ程度ですね」

T君「えー? 俺、既に3ジーいってるんですけど」

私「家ではWi-Fiだし、外ではあんまりゲームしないから2ギガ超える事はあまりないですね。Wi-Fi繋いだら良いんじゃないですか? ずっとゲームしてるでしょうし…」

T君「うーん、Wi-Fiとかあんまりわかんないんですよね」

私「そうですか…」

教えてやる義理は無いので、彼はきっと今も4G通信でスマホゲームに興じている事でしょう。

今思い出したが、彼はandroidと一緒に購入したモバイルWi-Fiルーターを持っていたはずだ。なので、Wi-Fiについて知らないはずはないのだが…。

 

同じくT君。

T君「家計簿をつけようと思うんですよ」

私「どうぞ」

T君「でも、家計簿を買うために500円出すのもったいないです」

私「無料の家計簿アプリありますよ?」

T君「そういうハイテクなのはいいです」

私「ハイテク…?」

android持ちがアプリをハイテクと言うか。

 

 

事務所で3人程集まって、あーでもないこーでもないと話しあっている様子。気になったので、お茶を飲みに来たついでに訊いてみた。

私「どうかしたんですか?」

副店長「あ、しなもちゃん! あのね、ここ(通知バー)の時計を大きく出来る?」

私「…Rootとってれば出来なくもないと思うけど…いやどうなんだろ。わかんないです。普通は出来ません」

副「そうなんだぁ(´・ω・`)」

私「大きい時計…画面に時計はないですね…プリインの中に時計ウィジェット無いですか?」

副「はいどうぞ」

私「いじって良いんですか?」

副「常連さんがやってって」

私「あっそう…(ウィジェット設置しながら)因みに誰ですか?」

副「◯◯◯おじさん*1

私「!!! チッ…触っちゃったじゃないですか」

副「あはははははwwwww」

私「勘弁してよね…これじゃ駄目ですか」

副「おー! どうやったの?」

私「いや普通に」

副「やってやって」

私「(操作方法教える)」

副「ちょっと行ってくる」

私、仕事に戻る。

副「しなもちゃん、アレで良いって! ありがとー!」

ウィジェット設置で良いのかよ…。

というかandroid持ちが3人集まってウィジェットわかんないってどうなの…?

もしかしてわかんないのが普通なのか!?

 

 と思うと何だか自分が凄い人のような気がして来ますが、良く考えたら私は某携帯会社のヘルプセンターにいまして、操作方法をご案内する仕事を以前してました。なので、一般の人よりかは知識があるかもしれません。

しかし、別にそんな仕事に携わった事のない彼氏は私より数段詳しいので、きっと興味の問題なのでしょう。

 

androidは私の恰好のおもちゃなので、機会があれば便利アプリ探したりだとかホーム画面変えたりだとかしています。ガラケーの時でも、自分の使いやすいように出来る範囲でカスタマイズしてたので、元々そういうのが好きな性分なんだと思います。

 

逆に、私は有料のキセカエなどを使わないので、そういった方向に疎い。あと課金もしないので、そういったものには非常に疎い。LINEのスタンプで『ライチ☆光クラブ』と『シナモロール』『ダンガンロンパ』をDLしたくらい。売上貢献!

無料でキセカエ風に出来るホームアプリあったら絶対試すんだけどなぁ…。アプリ一覧画面の編集出来るのがあったらいいな。

 

 

まとめ。

 

リア充androidをゲーム・電話・ネット専用端末と思っている可能性が微レ存*2

 

 

あとWi-Fiを軽く見ている節がある。長期的に見れば侮れない。

 

 

ではまた、気が向いたら。

 

 

*1:しなもが生理的に苦手な、つみれ似のお客様

*2:凄くどうでもいいが、微レ存の由来を調べて驚愕した。これもまた、ネット用語の言葉の遷移。