読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流行病

 

インフルエンザにかかりました。

 

A型です。一番流行りやすいものみたいです。

今は、PCでこうやって書けるくらいには回復していますが、

 

《発熱初日》

何だか熱っぽいなぁと思いつつ昼寝。

19時からバイトなので18時に起きて熱を計ると、なんと38.6度。

しかし頭痛とは無縁の為、特に不快感も無くテンション高くバイトに行き、そのまま働く。

帰宅後は熱が上がり過ぎ&頻尿で夜中に何度も起きる。

熱に浮かされながらも40度を超えないように尽力した結果、最大39.7度。

具体的には脇と項にアイスノン。

 

《発熱2日目》

あまりにも下がらないので病院へ。

インフルエンザと判断され、ゼリーとスポドリとカフェオレを買って帰るが美味しくない…。ただ、偶然にも氷が融けて薄くなったカフェオレはとても美味しかった。

そして出勤停止なので、バイト代わってもらえる人が居ないかを考えたが誰も居なかった。

決して私はコミュ障な訳ではなく(確かにコミュ障気味ではあるが)、ただ単にこの店の人員不足である。基本的にWワークをしている人が多いこの店では、代わりのシフトに出られる人が少ない。そもそも※人数自体がギリギリで、Wワークの原因も店長がシフトを減らしたからだ。(※店長以外は休みが週一)

因みに男のフリーターは数人いるが、揃って夜は入れないらしい。

という訳で、物理的に無理なのだ。

なのに、

普段みんなとコミュニケーションとってないから、

こういう時入ってもらえなかったりするんよ。

とかほざきやがった当店の店長。

高熱に魘されながら「◯してやる…」「絶対潰す…」とか呪詛を吐きまくった。

弁明させて欲しいのだけど、私は基本的に代わって欲しいと言われた人は断らない。そして積極的に話しかけている。なので、全くそんな事言われる筋合いなくて「マジ頃してやるから覚悟しろファック」くらいの怒りは湧いてきた。

『疾風に勁草を知る』ですね! ちょっと違うね!

尚、インフルの薬は処方して貰ってその場で服用したので、あとは快方に向かっている時です。

 

《発熱3日目》

解熱剤カロナールのおかげで、数時間に一回は37度台が出来る。

何故かあんまり記憶が無い。何してたのか良くわからない。

 

《発熱4日目》

通常通り。しかし飲んで数日は様子見との事なので念のため休む。

味覚がだいぶ戻ってきて嬉しい。

外に出ないだけの普通の休みを過ごし、何だか申し訳なくなる。

そろそろ風呂に入りたいが、熱がぶり返しても嫌なので我慢。

 

明日が5日目。

 

という訳で明日は出勤します。

 

店長は部下を意外と見てないんだと知りました。

近々もう辞めるけどねっ! 見切りつけた!